浅草ビューホテル・浅草観光・雷門食べ歩き

本文へジャンプ

浅草ビューホテル宿泊体験 客室の印象


浅草の国際通りは、下町らしい町並みです。
歩道沿いには小さな金物屋さんから、タバコ屋さん、浅草らしくはーストフードのお店やスナック、交番などが立ち並んでいます。
国際通りは長い間工事中で、車や人通りと一緒に工事関係の車両や、工事のためのバリケードなど、ごった煮のような雰囲気です。
それでも浅草寺に向かって次々に人が現れ、またタクシーで乗りつける人、地元の人、飲食店やスナック、クラブのママさん、タバコをくわえた労働者風のおじさんたち、そして外国の観光客の親子連れ。

そんな中を歩いていき、ビューホテルのロビーに入りますと、そこはまた別のさざめきが広がっています。
浅草のイメージをなんとなく引きずったようなざわざわした感じといいますか、けっしてうるさいわけではないのに、なんとなく浮き足立つというか、うきうき感、躍動感のある人々のさざめきです。

外国の方も、日本人も、観光でもビジネスでも、この浅草ビューホテルのロビーは活気があって、来る人を楽しくさせてくれます。

そんなロビーを後にして、ずっと上のツインルームに入りますと、うって変わっての静けさ。
部屋のしつらえそのものはちょっと年代を感じさせるのはやむを得ませんが、手入れはなかなか行き届いているように見えます。ほっとするお部屋です。

カーテンを開くと、出窓になっていて、とても景色がいいのです。国際通りを見下ろし、浅草寺の境内、花やしき遊園地、浅草のいいところが一望に見わたせます。
そして、高層なだけになおさら景色と静けさのギャップが楽しめるのです。

さて、着替えてリラックスしたら、あそこに見える仲見世を歩いて、寿司屋街で一杯やりながらおいしいところを握ってもらうかな。


浅草ビューホテルは、外国のお客様が多いということもあるのでしょう。
とても手入れには気をつけている印象を受けます。

江戸・城下町の面影を残し、伝統的な和の心を今に伝える浅草にビューホテルあり、という意気込みが感じられます。季節を通してさまざまなイベントが行われるこの場所で、出入りも激しく、ホスピタリティの維持も大変だと思いますが、風情を大切にしたスタッフの心意気、といったところでしょうか。。

予約に関しては、ホテル直接のプラン予約も良いですが、現在は、インターネットの各種予約サイトの特別プランをいろいろ検討できるのが楽しい。

意外なサービスがついたプラン、お得なプラン、さまざまな季節のプランが目白押しです。
宿泊を検討する時は、はやめ早めにいろんなプランを比較検討するのがお勧めです。